スタッフブログ

 
フォーム
 
漫画大好き!
2016-07-22
少し前まで池袋東武百貨店で、「大和和紀原画展」をやっていたそうですね。
画業50周年とか…?すごいですね。
私(事務員)、大和和紀さんの漫画好きです!
「はいからさんが通る」「ヨコハマ物語」など夢中になって読みましたが、
私の中の「大和和紀」は何と言っても「あさきゆめみし」です!
写真は、妹が送ってくれた原画展のものです。すてきだなって思ってます。
源氏物語の漫画版ですが、私はこちらを先に読んでいたので、
小説の源氏物語を読むようになった時にすんなり入ってきて助かりました。
 
今は日本の漫画やアニメは世界に誇る文化ですが、
私が子供の頃は、まだまだ害があるという認識があったように思います。
ですが、漫画が入口になって興味が広がるということもあります。
私の場合、「ベルサイユのばら」(池田理代子さん)でフランス革命を覚え、
「天上の虹/持統天皇物語」(里中満智子さん)で万葉の時代が大好きになりました。
本を読んでその時代の雰囲気を味わうのが楽しいです。
漫画のおかげで容易にその世界に入っていけている気がします。
 
最近の漫画はほとんど読んでいないのですが、
恐らく読んでみればまた、広く世界が広がっていくような素敵な作品があふれているんだろうなと思います。
 
 
 
記念日など
2016-07-09
今日、7月9日は結婚記念日なんです
高崎での事務所も1周年となり、
社会保険の年1度の月変算定業務も目途がついたところで
まとめたお祝い&ご苦労様会をしようということになりました。
 
こういう時はワインで乾杯でしょ、と、
歩いて行かれる距離にある、オシャレなお店をチョイスしていたのですが、
どうもお天気が悪そうだということで、ささやかに家でやることになりました。
ワインが主人公なら…と、ベーコンポトフとバーニャカウダを用意しました。
でもよく考えたらワインが家になくて…
いつも買いに行く酒屋さんは車でもちょっと遠いので、
じゃあ家にあるビールで良いか、となり。
今日はお祝いだね!と最初は盛り上がっていても、
準備を進めていくうちに段々と盛大感がなくなってしまう…
我が家はどうもそういうパターンが定着しているようで(苦笑)
 
でもまあ、楽しく食事ができればそれで良いので。
今回のポトフは大成功でした。
実は所長が買ってきた美味しいベーコンだったので少し緊張してたのですが、
良かったです♪
 
おしぼり
2016-07-06
暑くなってきましたね。
所長もこの頃は、外出から帰るととっても暑そうにしています。
夏の時期、私(事務員)は、おしぼりを冷たくしたものを出すようにしています。
昔からの習慣なのですが、いつでもどこでも今でも、
出した相手に喜ばれるので自分も嬉しくなります。
所長もおしぼりを顔に当てるたびに「生き返る」と言ってくれています。
 
社会に出たばかりの頃に先輩に口うるさく言われ、
しぶしぶしていた習慣がいつのまにか定着し、今の私に役立っています。
若い頃にはわからなかったことが、年齢を重ねるごとにわかってくることがありますよね。
先輩にたくさんお叱りや注意を受けたこと、数えるとたくさんありますが、
なかなか頭には入って来ず、どうして私ばかりと不平を言っていたものです。
「感謝すべきでしょ!」と、当時の自分に喝を入れたいです…
先輩には、遅まきながら気づいたということでお許しいただきたいと思います。
 
たかがおしぼり、されどおしぼり。
小さなアイテムの中にも、ささやかな人生が投影されております。
 
 
 
 
 
 
 
高崎事務所開業1周年にあたり
2016-07-01
高崎で事務所を開設してから、7月1日でまる1年となりました。
おかげさまで、毎日の業務に勤しんでおります。
これもひとえに、変わらぬご支援をいただくお客様、新たにご縁をいただいたお客様をはじめ、
事務所の運営をサポートしてくださっている方々あってのことと、心から感謝いたします。
 
これからも微力ながら皆様のご期待に沿えるよう、日々努力してまいりますので
今後ともよろしくお願いいたします。
 
所長 志村正光
 
 
アートな1日 その2
2016-06-11
「幸せの画家」ルノワール展を堪能した後、上野の西洋美術館に向かいました。
この西洋美術館は、先日ユネスコの諮問機関が、世界遺産への登録勧告を行った建物です。
勧告直後は長蛇の列だと報道されていたので心配していましたが、今は落ち着いたようです。
 
ここでやっているのは「カラヴァッジョ展」。
カラヴァッジョはイタリアの画家で、亡くなったのが1610年だそうなので、ちょうど徳川家康と同時代の人ですね。
カラヴァッジョの絵…すばらしいです!重厚感があって。
 
カラヴァッジョも光の使い方に特徴があるそうなのですが、スポットライトを当てたような光を用いて、
闇の中に人物等を浮かび上がらせる手法は巧妙で、後のたくさんの画家に影響を与えたそうです。
ですがこの人、素行にも問題があったそうで、色々やらかした挙句に殺人事件を起こし、逃亡中に亡くなったのだそうです。
展示には当時のローマの古文書もあって、喧嘩した時の裁判記録とか銃刀の不法所持での調書記録とかありました。
画家として早い頃から名声があったのに生活は荒れていた…天才画家と言われている人の“闇”は凡人にはわかりません。
でも、カラヴァッジョが残した数々の名作は、彼の生き方もひっくるめて生み出されたような気がします。
カラヴァッジョはイタリアで人気が高く、ユーロ導入前のリラ紙幣に、かのダヴィンチやミケランジェロを差し置いて肖像が載っていたそうです。
殺人者なのに、すごいですよね。(議論はあったそうですが)
 
カラヴァッジョ展は、どの絵も最高でした。余韻に浸りながら家路につきました。
彼の傑作のほとんどはローマ近辺の教会にあるようなので、いつか、イタリアに観に行きたいです!
 
 
 
qrcode.png
http://www.j-roumu.jp/
モバイルサイトにアクセス!
志村人事労務管理事務所
〒370-0064
群馬県高崎市芝塚町185番地
TEL.027-326-7036
FAX.027-384-8055
Google

WWW を検索
www.j-roumu.jp を検索
 
<<志村人事労務管理事務所>> 〒370-0064 群馬県高崎市芝塚町185番地 TEL:027-326-7036 FAX:027-384-8055